日記

浅田真央 ちゃん ソチ フリーの演技で感動しすぎて号泣してしまった話。

ソチオリンピック、フリーの浅田真央ちゃん。すごかった…。

素晴らしすぎて号泣しすぎて涙が枯れてしまったッッ!!!

って人もかなり多かったんじゃないかな~と思う、今回のソチオリンピック。

わたしも、例にもれず浅田真央ちゃんに感動しまくってしまったわけで、浅田真央ちゃんフィーバーがわたしの中で巻き起こっています!!!

そんなわけで今日は少しコスメから離れ、せっかくなのでこの感動しすぎた胸の熱い気持ちを、ブログにぶつけてみようと思いますッ!!!

今回のソチオリンピック、最初は全然興味なかった。

Olympic flag flying outside Eland House
Olympic flag flying outside Eland House / Department for Communities and Local Government

スポーツにまったく興味のないわたし。

見るのも嫌い、自分がやるのも嫌い(子どもの頃は運動が苦手すぎていつも授業から逃げていました)、そんなわりと非国民なわたしは、もちろんオリンピックもたいして興味はなくて。

冬季オリンピックの競技種目は、フィギュアスケートぐらいしか知らない。なんかあと、スキーみたいなのと雪山でジャンプするやつ…があるのかな? ぐらいのレベル。

もちろんフィギュアスケートの選手も、浅田真央ちゃんと高橋大輔選手ぐらいしか知らず、羽生結弦くんって誰? 名前読めない…ぐらいの超オリンピックにうとい人でした。

ソチ五輪・女子フィギュアスケートをリアルタイムで見たきっかけ

そんなオリンピック音痴なわたしですが、友人のFB(フェイスブック)やTwitterで続々とオリンピック情報が流れてきた上に、男子フィギュアで羽生結弦くんが金メダルを取ったと聞いて、少し女子フィギュアに興味を持ったのです。

特にお友達のあやぴさんは熱心にオリンピックを見ていたので、彼女に影響されたのもあり。

Figure Skating Queen YUNA KIM
Figure Skating Queen YUNA KIM / { QUEEN YUNA }

最初は順位だけ気にしていて、女子フィギュアも順位だけあやぴさんに聞いておこうかなと思っていたぐらいの興味薄い感じでした。真央ちゃんとキムヨナの対決も気になっていたし。

浅田真央ちゃん SP で16位

そんな中、あやぴさんからの速報で、まさかのショートプログラム

浅田真央ちゃん16位

わたしはこの演技は見ていないのだけど、どうやらジャンプに失敗して転倒してしまった様子…。なんと…。

キムヨナとの対決で金か銀を争うのかなぁと思っていたのに、まさかの結果にびっくり!

そして、この真央ちゃん16位がわたしの心を動かしたのでした。

世界中が真央ちゃんを応援している! すごい!

最初、メダルを目当てにみんなオリンピックを見ているんだろうから、16位になったらもう興味なくなっちゃうんだろうな…と思っていました。

でも…実際は違った。

きっかけは高橋大輔選手のこのツイート。

どうやら、世界中の有名スケーター(元メダル選手など)が、真央ちゃんに声援を送っているというではありませんか!!

ソチ五輪男子シングルで17位だったミーシャ・ジー選手


12位だったジェレミー・アボット選手(米国)

羽生結弦選手の振り付けを担当したジェフリー・バトル元選手(カナダ)

たくさんの海外選手(元選手)が真央ちゃんを応援し、また、たくさんの日本人が真央ちゃんを応援。

一晩でこれだけのツイートが集まり、これだけの人が真央ちゃんを応援しているという事実にびっくり。

そして感動すら覚えました。

SPで16位では、きっとメダル入賞は難しいだろうけど、真央ちゃんが楽しんでスケートを滑って帰ってきてくれればいい

たぶん、みんなこう思っていたはずです。

浅田真央 ちゃん ソチ フリー リアルタイムで見て全国民が号泣した!

そして当日。めずらしく…というか人生ではじめて、オリンピックをリアルタイムで見ることになったわたし。

お目当てはもちろん真央ちゃんのフリー。

浅田真央ちゃんはソチで引退するという話を聞いていたので、最後のオリンピック、そして最後の演技。真央ちゃんらしく滑ってくれればいい…と誰もが思っていたはずです。

Mao Asada
Mao Asada / Ryosuke Yagi

真央ちゃんといえば、13歳の時からずっとテレビで見ていて、ずーっと子どもだと思ってたら気づいたら大人になってて、昔、年齢不足でオリンピックに出れなかったことを覚えている人は多いんじゃないかなあ。

ちっちゃい子どもの真央ちゃん。 わたしの中ではずっとそんなイメージでした。

そんな彼女が、今回のソチで最後、そして最後の舞台のはずなのにSPは16位…どんな想いで滑るんだろうと思うと胸が痛くて。すーっと感情移入していってしまったんですよね。

不死鳥のように蘇る真央ちゃん、はじめてオリンピックで泣いた

そして、演技。 もうね、これは見た人はみんな同じことを言うと思うのですが、

感動しすぎて号泣しまくってしまった!!!!!!

わたしはフィギュアには詳しくないので、採点がどうとか技がどうとか、どこがどうよかったとか、そんなのは分かりません。でも、

真央ちゃんが飛びたいと思っていたジャンプがすべて成功していた!

それは、何年も何年もあきらめずにこだわってきたジャンプ。

そこに拘らなければメダルが取れたはずなのに、という人もいる中、ずーっとこだわってきた、ジャンプ。

そして、滑っている真央ちゃんから伝わる気迫、想い、感情

すべてが伝わる。

フィギュアなんてさっぱりわからないわたしが、テレビを見ながら涙を流している、不思議。

でも、滑っている真央ちゃんを見ていたら、子供のころの真央ちゃんを思い出し、年齢不足でオリンピックに出れなかった頃の真央ちゃんを思い出し、前回の銀メダルで悔し涙を流していた真央ちゃんを思い出し、 そして何より、

絶望的なSPからの不死鳥のような蘇り方!!!!

Phoenix
Phoenix / jurvetson

涙が出る、しか言えない、胸の奥から熱いものがこみあげてくるような、 スポーツでこんな気分になったのは生まれてはじめてです。

泣いていたのはもちろんわたしだけではなく、きっと真央ちゃんを応援している世界中の人だったのではないでしょうか。

真央ちゃんがたくさんの人、そしてわたしに教えてくれたもの

今回のソチの主役は、きっと間違いなく真央ちゃんです。

きっと、誰もがそう思っているはず。

真央ちゃんは、試合には負けたのかもしれないけど、勝負には勝った。

わたしは、メダルじゃないメダルじゃないと思っていたけど、たぶん少しだけメダルのことを気にしていた。けれど、真央ちゃんの演技を見たらそんなのも全部ふっとんだんです。

daybreak_2
daybreak_2 / neclis

真央ちゃんは、間違いなくわたしに見たことのない景色を見せてくれた。

絶望の中から、たくさんの人の応援を受けて、不死鳥のように立ち上がる少女。そして奇跡。

みんなの祈りが一つになった瞬間。一人の少女が全力をかけて戦った瞬間。

世の中って、日本人って、世界って、こんなにあったかかったんだ。マンガみたいなことって現実に起こるんだ。

胸の中が熱くて、すこし痛くて、泣きそうな、すごく複雑ななんとも言えない、感動。涙しか出ない。

今まで感じたことのない体験に、びっくりして、そしてそんな体験をさせてくれた真央ちゃんと世界中のみんなへ、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

ありがとう、真央ちゃん。

浅田真央 ちゃん ソチでの最後の演技

真央ちゃんは、最後のエキシビションという、自由に踊れる演目に出ることが決定したようです。

Asada (ladies) - Exhibition Gala - World Championship of Figure skating 2008
Asada (ladies) – Exhibition Gala – World Championship of Figure skating 2008 / Nenyaki

エキシビションは、すべての競技種目が終了した後に行われる、上位入賞者達(冬季オリンピックや世界選手権では原則的に5位以内の選手、及び開催国の選手)による、採点や順位付けを伴わない演技のこと。

わたしは、エキシビションを知らなかったので、みっきーさんみちるさんに教えてもらいました。

通常、エキシビションは5位以内の選手か開催国の選手が演技するものらしいのだけど、真央ちゃんは選ばれたんだそう。すごいね!

そういうわけで、ソチ最後の浅田真央ちゃんがもう1回見れる!!!

真央ちゃんの最後のソチの舞台は、

2月23日(日)NHK総合 午前1時30分~

最後の真央ちゃんの演技、わたしもすっごく楽しみです

ABOUT ME
SYO
色白ブルべ夏。超敏感肌&乾燥肌。使ったコスメ2000種類以上。美的.comライター、ガジェット通信旅ライター。20ヶ国以上旅。ディズニーとBABYMETALにハマってます。