シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

知ってた? 実は海外のバレンタインデーは、男性から女性に贈り物をする行事だった!

今日はバレンタインですねっ!

日本では男性から女性にチョコレートを贈るのが生まれたときから当然の行事で、もちろんわたしもチョコレートを好きな人にあげたり、彼氏にあげたり、友人(男性)にあげたり、父親にあげたり、したわけですが。

IMGP7230.JPG
(カレからもらったバレンタインチョコ)

じつはわたし、バレンタインはあげる側じゃなくて、貰う側だったりするのです。しかも毎年いつも。

あ、もちろん友チョコじゃなくて、カレからずーっと何年ももらい続けてます!! お花+チョコだったり、お花だけだったり、チョコだけだったり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バレンタインの歴史

バレンタインの歴史は、諸説あるけど、ヨーロッパで主に伝わってるのはこんな話。

その昔、ローマ帝国では兵士の結婚を禁止していたんだそう。それに反対したローマの司祭「聖ヴァレンタイン」は、多くの兵士たちを結婚させたそうです。

司祭はこのせいで269年2月14日に処刑されました。

PC190366.JPG

以来、2月14日は聖ヴァレンタインの死を悼む宗教的行事だったのだけど、14世紀頃から若い人たちが「愛の告白をしたり、プロポーズの贈り物をする日」に変わってきたんだそう。

ちなみに、日本では女性→男性に告白をするのが一般的だけど、海外では男性→女性から贈り物をしたり告白したりするのが一般的なんだそうです。

世界のバレンタイン

PC190348.JPG

わたしがこの話を聞いたのは、チョコレートの有名なフランスに行った時に、ツアーガイドさんが教えてくれたのがきっかけ。以後、カレはわたしにチョコレートを贈り続けてくれています(笑)

そんなわけで、世界のバレンタインをちょっと調べてみたので、紹介です!

フランスのバレンタイン

フランスのバレンタインは、『恋人達の日』

プレゼントは、特に男性から女性へ、花束やアクセサリーを贈ることが多いんだそう。花屋には男性がいっぱい並んでいるんだって。素敵。

ドイツのバレンタイン

ドイツでは、男性から女性に花束やレストランの食事を贈る日だそう。もちろん女性から男性へのプレゼント交換もあります。そして、義理チョコもないんだそう。

ちなみにホワイトデーはフランスもドイツも存在しないようです。

スペインのバレンタイン

スペインも、フランス・ドイツと同じく『恋人の日』

スペインではカップル達がプレゼントを贈り合うんだそう。

そして、スペインでは4月23日に「愛の日」というのが存在し、この日は女性から男性に本を贈るそうです。

イタリアのバレンタイン

バレンタイン発祥の地・イタリア。

イタリアでも恋人の日として、恋人同士でプレゼントを贈り合う日。特に男性から女性へ赤いバラをメッセージカードと共にプレゼントするんだそうです。

『聖ヴァレンタイン』が眠る「聖ヴァレンタイン教会」がイタリアにあり、2月はこの教会で結婚式を挙げるカップルが多いのだそう。

イギリスのバレンタイン

イギリスは、恋人達がプレゼントを贈り合う日。他のヨーロッパの国と一緒で、カードやプレゼントを贈り合うのだそう。

ちなみに、バレンタイン=チョコレート というのはイギリスが発祥なんだそう。

ベルギーのバレンタイン

ベルギーでも他のヨーロッパ諸国と同じく、男性から女性にプレゼントをあげるのだそう。

プレゼントは花が多く、また恋人たちでレストランで食事をしたりもするんだそうです。

女性から男性にチョコレートをあげるのは、日本だけ?

IMGP7234.JPG
じゃあ? バレンタインに女性から男性にチョコレートをあげるのは日本だけなの? と思うけど、お隣韓国もバレンタインは女性から男性にプレゼントをする日なんだそう。

バレンタイン=女性から男性にチョコレートをあげる日、の発祥は1950年代の日本なので、日本から徐々にバレンタインの風習が近隣諸国のアジアに広まったのではないかと言われています。

IMGP7230.JPG

元々バレンタインもハロウィンもクリスマスも宗教的な儀式からスタートしているので、発祥の地のヨーロッパは伝統に従ってるところが多いけど、日本ではだいぶその意味合いから離れてきて、お祭り的要素が多くなってきている感じが。

好きな男の子にチョコレートをあげるのももちろんいいけど、たまには恋人や夫さんからプレゼントをもらうバレンタインもいいんじゃないかなあ、と思っています。ではではっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク