LCCエアアジアの手荷物7kg対策で超軽量旅行バッグを買ってみた。軽量化のコツ

海外旅行大好きのわたし。

今月末にLCCのエアアジアでタイのチェンマイに行く予定なのですが、預け入れ荷物代金が高額で(2万円くらいだった)それなら全部機内持ち込みの手荷物にしちゃおう…と思い、エアアジアの手荷物制限7kg内で旅に出ることに決めたのです。

で、避けられないのが軽量化、ですよね。

いろんなサイトを探し回り、軽量化のコツを考えました!

LCCの手荷物サイズと重量(2018年6月現在)LCC別の比較

まずは、LCC各社の手荷物サイズと重量を比較

  サイズ 個数 重量
エアアジア 56×30×23 2個 7kg
バニラエア 55×40×25 2個 7kg
ピーチ 3辺合計115cm 2個 10kg
ジェットスター 56×36×23 2個 7kg 

一番サイズの厳しいのがエアアジアで、56×30×23と3辺合計が109cmと厳しい。逆に一番ゆるいのがピーチ。10kgまでとなかなか良心的。

ただ、この手荷物の重量サイズ規制は昔はすごくゆるくて、今のように事前の抜き打ち重量検査(飛行機に乗る前に量られる)がなかったのを考えるといつピーチも厳しくなってしまうのやら…。

LCC(エアアジア)手荷物軽量化のコツその1 バッグ自体を軽くする

中身をどうこうすることばかりを最初考えて、こんな感じでパッキンを考えてたんですが。

こちらは先日ジェットスターで長崎出張に行った時の手荷物。ジェットスターは7kg制限なので、限界まで荷物を減らし、レスポートサックのミディアムウイークエンダー(23×43×30 / 重量466g)で行ったんですが、もう少し軽量化したい&この大きさでは1週間分の荷物が入らない!!

そんなわけで、考えました。最軽量の旅行バッグを比較してみようと!!

商品名 ブランド サイズ 重量
ミディアムウィークエンダー レスポートサック 43×30×23 466g
ラージウィークエンダー レスポートサック 52×35×27 560g
L.W.ショルダーバッグ XL モンベル 60×35×27 490g

エアアジアのサイズ規制が56×30×23で7kg

サイズでいうと、レスポートサックのミディアムウィークエンダーでギリなんですが、この類のバッグはスーツケースではないのでパンパンに入れなければ規定サイズにおさまるはず。

ということで一番大きいサイズのモンベルL.W.ショルダーバッグ XLに決定。重量も軽いし。

レスポートサックの方が柄が豊富なんですが、今回は1gでも軽くしたいので70g軽いモンベルのバッグを購入することにしました。

LCC(エアアジア)手荷物軽量化のコツその2 荷物の軽量化工夫

コスメは最小限&ケースはジップロック

コスメはもうほんと最小限です。家にあったパウチを活用したり、コンタクトは全部使い捨てにしたりして軽量化軽量化!!

ケースは使いません。ジップロックを活用です。

お財布も軽量化! むしろジップロックでいいかも?

お財布も軽量化。小さいカードケースをお財布がわりに現金&クレジットカードのみを入れていました。とにかくモノを減らす! に限ります。

洋服も軽量化! 着れる服は重ね着

これはもうよくテクニックとしてあるのですが、着れる服は重ね着。

で、下着は使い捨てショーツ(紙ショーツ)などを活用です!

洋服はすぐ乾くようにスポーツウェア用のTシャツを何枚か持って行きました。速乾性のものは洗い替えに良いのですが、おしゃれではないのでそこは好みで。

傘も軽量化(軽量傘)

傘も軽量化し、晴雨兼用の軽量傘を購入!

わたしが購入したのは、晴雨兼用で200g以下の軽量傘。モンベルの傘も軽くていいなと思ったんですが、晴雨兼用ではないので。

このへんもおすすめ。

LCCで旅行するなら荷物の軽量化を!

LCC、安くていいんだけど手荷物制限が年々厳しくなってきているので、荷物の軽量化は必須かも。買えるものは現地で買って、軽量化できるものは軽量化して、楽しいLCC旅行をしてみてくださいね!